Gomoku-Life

五目釣り×外遊び×アウトドアライフ

進化するシーバスロッドがショアジギングもこなしてしまう時代

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shoregomoku:20190110113249j:plain

こんにちは☆蟹取県です☆ 

 

)あれこれいろんな釣りに使いたいって方のための、 

           私の独断と偏見によるタックル選びです<(_ _)>

 

おかっぱりメインで書かせて頂きたいと思います。

シーバスロッドでショアジギング

ますます加速するルアーフィッシング市場。なかでもメタルジグで陸から青物、フラットフィッシュ、シーバスなどなど、比較的簡単に始められて(ロックショアを除く)初心者からベテランまで熱くさせるジャンルと言えばやはり「ショアジギング」ですね!

ショアジギング専用タックルも大変多く販売されています。その中でも、「ライトショアジギング専用」「スーパーライトショアジギング専用」ロッドというものも存在します。

「ショアジギング始めたい!」という方もヘビーか、ライトか、スーパーライトか?という選択肢が待っているのです。

 

まずはお住いの近辺の釣り場がサーフか漁港の堤防か磯か?水深は?季節により回遊してくる魚の大きさは?これからメインで狙っていくであろうターゲットに合わせたタックルを一つの目安として選んで頂きたいですね。

 

ショアジギング始めたいけど専用ロッドじゃないとダメ?

シーバスロッドでもショアジギングは十分成立します。ライトショアジギングカテゴリーに入るのではないでしょうか。そしてエギングロッドでもショアジギングできますし強めのアジング、メバリングロングロッドでもできます!スーパーライトショアジギングカテゴリーに入りますね!MAXルアーウェイト以下のメタルジグを使えば立派なショアジギングです。

 

シーバスロッドでショアジギングのメリット・デメリット。

やはりショアジギングには専用ロッドでしかカバーできないところもあります。

メリット

  1. ショアジギング専用ロッドと比べると軽量。疲れない
  2. ティップか繊細なためプラッキングにも使える。
  3. 中型青物、小型青物でも引き味を楽しめる。
  4. 食いが渋いときにスモールルアーを使える。
  5. デザイン、メーカーの選択肢が豊富。

デメリット

  1. 大型青物を取り込みにくい
  2. スローテーパーのロッドだとジグを操作しにくい。
  3. 沈み瀬が点在するポイントでは取り込める確率が大幅に減少する。
  4. 潮の流れが速いと重いジグを使えないため底が取れず釣りが成立しない。

推奨するフィールドとしては、比較的水深が浅いところ、オープンなエリア(サーフ、堤防)根のきつくない磯などになってきそうですね。

 

最近のシーバスロッドがスペック詐欺的強さ

 

ロッドブランクス、カーボンの進化により常識外れな釣果をたたき出してしまうシーバスロッド。

そういえば昔の話になりますが磯竿でもありました。自身も磯釣りで使用してるのですが、「がま磯アテンダー2」衝撃でしたね。細身肉厚、強靭。普段使っている号数のワンランク下げたくらいの号数が丁度良いとのこと。

 

それって、普段1,5号クラス使っている人がアテンダー2の1,5号使ったらパワー的に1、75クラスもしくは2号クラスあるってことですよね!号数詐欺ではないかと一時期話題になっていたことを思い出しました。

この現象がシーバスロッドにも近年起こりつつあるのではないかと思うわけで…

 

有名所を挙げますとジャンプライス オールウェイク105マルチだ!

シーバスロッドでありながら大型真鯛や中型青物と対等に勝負出来てしまう常識外れのブランクパワー。
曲がり込んで一定の負荷でバット部分が止まってしまうロッドではそこから先の吸収性が無い為、高負荷でのファイト時にバラシに繋がる。
ジャンプライズ特殊コンセプトは一定の負荷で大きく曲がり込んでからバット部分がバネのように変化し魚をホールドしてしまう為、バラシは格段に少なくなる。
高い次元のレスポンス性能を持ちながら、魚を獲る為の性能を究極に突き詰めたロッド。
それがオールウェイク。
机上の空論なんて必要ない。
大切なのは現場での必要性。

www.jumprize.com

スペック詐欺という言い方は失礼ですが良い意味で常識破りなロッド。実釣でも社長自ら、座布団ヒラメ、青物、平スズキ、マダイと過酷な状況下でバコバコ釣っておられます!

オールウェイク105マルチを使っている一般ユーザーの方も大変多いですね!使用感をいろいろ調べてみると中弾性で柔らかいとのこと。ぐにゃぐにゃって意味じゃないですよ!プラグルアーが売りのメーカーなのでプラッキング向きに設計されてるのでしょうね。バットパワーはかなりありそうです!柔をよく剛を制すロッドではないでしょうか!

 

シーバスロッドでショアジギングするためのおすすめロッド

 

10フィートクラス   適合ルアーウェイトMAX40g前後が投げれるシーバスロッド。

(ちなみに私はGクラフト10.3フィート適合ルアーウェイトMAX40g)

MONSTER JETTY LIMITED 1032

ルアーフィッシングのジークラフト Gcraft

 デイゲームスペシャルの「MONSTER JETTY 1002」が、リミテッドモデルの「MONSTER JETTY LIMITED 1032」として誕生。「射程距離常時100m」にして「全バイトフッキング」の超カリカリブランクスによる「完全エキスパート仕様」。「専用であるが故の突出した優位性」を、この「LIMIteD 1032」が証明する。「MONSTER JETTY 1002」はフッキングとバラシ軽減の両立を図ったブランクス設計に対し、この「MONSTER JETTY LIMITED 1032」は到達飛距離が「MONSTER JETTY 1002」を圧倒的に超える為、フッキング性能に関わる「水圧抵抗」の次元が変わり、「動く流れの壁」とも言うべき「重い潮」のトルクが桁違いにブランクスへ圧し掛かる。この「重い潮」の中で引き抵抗の大きな「鉄板」や「ブレード」を思うがままにコントロールすることが可能なバットの俊敏な反発力と、鱸がベイトを捕食する際の動作が的確に伝わる超高感度な食い込みティップを設計。使いこなせば、フックの掛かり所までいとも容易に把握し、コントロール出来る「LIMITED 1032」が完全フッキングによるネットインを約束する。但し、ブランクスの「タメ」でバラシを防ぐのではなく、がっちり「口の中」に入れてからフッキングさせることが出来るアングラーの「技量」も同時に必要となる。
それが、「完全エキスパート仕様」の由縁でもある。「難しさ」を「楽しさ」に変えることの出来るエキスパートアングラーに、この「LIMITED 1032」の異次元性能をフルに発揮してもらいたい。

 

MONSTER JETTY LIMITED 1032インプレ

 

数量限定品で手に入れることは困難であるのと、抜群の性能に並行して常識外れな価格なのでかなり購入に勇気がいりました(笑)

 

カリカリ、パリパリのファーストテーパーブランクスでとてもシャープ。そのため、結構バイトを弾いてしまいましたが、きちんと食わせの間を作ってやることでランディング率が上がりました。掛けてからのバットパワーが凄くシーバス、ヒラメ、マゴチには主導権を握らせません。

たらしを長めにとったキャスティングにはかなり慣れが必要でした。メーカーの謳い文句の「射程距離常時100m」これを出すのにホント苦労します。常にフルキャスティング、腰に来ますよ…釣り人本人が体を鍛えないとロッドに負けます(笑)

青物が掛かった時はバットの反発力が強すぎてグリップエンドを腰に当てたり、磯竿みたいに両手でためましたから!

 

MONSTER JETTY LIMITED 1032は40グラムのメタルジグをフルキャストできて、キビキビ動かせる!7グラムのバイブレーションプラグもキャストできる!

 

私の考えでは長い=飛距離が出る=狙える範囲が広がる

と思ってます( ´∀` )堤防だと、テトラなど障害物もかわしやすいですね!

 

場所によると思いますが、

サーフでショアジギング、フラットフィッシュ、シーバス

堤防でシーバス、中型青物、でしたら全然問題なくいけると思います。

根の荒くないオープンなエリアだと(堤防)大型青物も時間をかければいけました!

 

邪道な釣りもあり?

 

餌釣りも行けますよ!天秤つけてキス仕掛け(適合ウェイト守りましょう)

アジングは厳しいですね(◎_◎;)  その代わりにジグサビキ(サビキ仕掛けのかごをジグに変えるだけ)使いましょう!

生き餌にだけやたら反応いいときあるんですね、そんな時はサビキで釣ったアジを(ジグ本体を外したアシストフック)ハリにかけてぶっこみ釣りをします!

道具が増えますが、ホントよく釣れるので抵抗がない方はお試しください(笑)

f:id:shoregomoku:20190113124351j:plain

アジの泳がせで釣ったヒラスズキ君^_^針はアシストフック❗️


 

一本で何でもいけちゃうオールラウンダーな竿スーパーライトショアジギング編

こちらは後々別の記事でご紹介します。

 

シーバスロッドでショアジギングするときのリールについて

 

本格的に狙うターゲットが明確であれば、ショアジギングロッドに合わせるSW仕様の大型リールでいいんですが、シーバスロッドでショアジギングとなると?

特にこだわりがなければロッドメーカーが推奨するリール番手でよいでしょう。最近のロッドメーカーのホームページには丁寧に推奨するリール番手(大手2社シマノ・ダイワ社)が記載されています。

 

f:id:shoregomoku:20190113141137j:plain

 

注意したいのは10フィートクラスのロッドでメタルジグをフルキャストします

高切れします。そうなったら…その後の釣りが成立しませんよね?

替えスプール持っておくか200メートルは巻いておきたいところです。

 

あと、ロングキャスト後の糸ふけとったり、ルアー回収したりも、ハイギアが楽ですね!

 

ライン選び PE0.8号の強さ

 余談ですが、自身シーバスロッドでショアジギングをするときのPEラインは0.8号を使っています。

ライン選び。魚と自分を繋ぐもの。重要です

「PE0.8って細くない?大丈夫?」

と思われるかもしれませんが意外と強いものです。

 

タックルバランスといいますか、

これは10フィートクラスのロングレングスの竿と関係してきます。

飛距離が抜群に伸びます!40gのメタルジグフルキャストの飛距離は抜群です!

 

)指が切れないように投げ釣りに使うフィンガープロテクターまたはゲームグローブを使用して下さい。

 

魚がかかったときロッドが長い分「竿でためる」ことができます。

「磯竿で細い仕掛けを使ってデカい魚をしとめる」って感じでしょうか?

とにかく長竿の弾力を生かして、思いっきり曲げることに徹しました。

ドラグですが、目いっぱい曲げた状態でじりじり出る程度?細号数のためガチンコファイトはできませんが、ドラグを生かせばオープンエリアの青物にも対応可能ではないでしょうか。

 

PE0.8号ですが簡単には切れません。傷にはめっぽう弱いのでアグレッシブな釣りには不向きですがサーフにはかなりおすすめです。

 

)PEラインはメーカーによって強度、使用感違う場合があります。長年使い続けているメーカーはYGKです。

 

G-soul X8 Upgrade PE | 釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

 

 

 あとは、リーダーにフロロカーボン5号~6号 FGノットでOK☆

 

f:id:shoregomoku:20190113123828j:plain

 まとめ

 

10フィートクラスのシーバスロッド

2500~4000(シマノ社の場合)

PEライン 0.8号~1、2号

リーダーフロロ5号~6号

 

実釣で使用タックル

ジークラフト モンスタージェッティーリミテッドMJLS-1032-TR

SHIMANO14ステラ 2500SHG  夢屋 PE0820カスタム

YGK G-SOULUpgradePE X8 0.8号 200m

リーダー サンライン ブラックストリーム5号

 

五目釣り☆シーバス、ショアジギング、サーフヒラメ、ジグサビキ、ロックフィッシュ

泳がせ釣り、キス釣りで釣果を得ました☆ 

 

サーフ、堤防メインでシーバスロッドでショアジギングを始める方の参考になりましたでしょうか?

 

 

ご覧いただきありがとうございました!