Gomoku-Life

五目釣り×外遊び×アウトドアライフ

スーパーライトショアジギングFGノット不要!初心者でも簡単ノット

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shoregomoku:20190203150828j:plain

 

こんにちは☆蟹取県です☆

 

ルアーフィッシングを始めるにあたってPEラインを使うことになります。

そして誰もが通る道、「ノット」を組む。

 

ライトタックルでのノットについて

私の周りではFGノットの人が多数です。

 

確かにキチンと組めば安心、信頼のおけるノットであります!

しかし、釣り場でのラインブレーク、悪天候の時の結束、ナブラが出ている時の結束、せっかくの地合を逃してしまう恐れもあります。

結束に慣れていないと、

現場では余計に結べないものです(゚Д゚;)

 

今回は、スーパーライトショアジギング、ライトゲームになぜFGノットが不要なのか私なりの考えを書いていこうと思います。 

 

ロングキャスト、垂らしは長め。

スーパーライトショアジギングで沖のナブラを狙ったり、広範囲にさぐる場合

ロングキャストは必須となります。

ロッドも9フィート前後あると思います。

 

そうすると垂らしの長いキャストによって、ロッドのガイドの中に

PEとリーダーの結束部を巻き込まないことになります。

(リーダー長さ1メートル前後。極端にリーダーを長くとったりしてない場合)

 

参考までにヤマガブランクスさんの9.3フィートキャスト動画をおかりしました

 

垂らしを長くとっています。

要するに、ガイドとの接触を考えなくてよいわけです!

 

 ラインとタックルの強度。バランス。

スーパーライトショアジギングとなるとMAX20g程度背負えるロッドとします。

PEラインも0.4~0.6 号使うとします。かなり細いです!(私は0.4 号使用)

ドラグフルロックでデカい魚を掛けるとします。

FGノット、他のノット関係なしにPEラインが飛ぶとおもいます。

 

さらに太いPEラインだとロッドの破損にも。

ギチギチに組んだFGノットの強度より

PEライン0.4~0.6 号の強度が弱いからです!

もちろんドラグは程よく効かせたやり取りとなります。

 

スーパーライトショアジギング簡単ノットでOK

ロッドのガイドと結束部が接触しない。

タックル強度的にギチギチに閉め込むFGノットでなくてもいいと思います。

 

私はノーネームノット。説明がへたなので動画をおかりしました。

 

 

「ぱぱえもん」さんのノット。簡単で強度がある!とても使えそうです☆

おすすめですね!

 

 

FGノットでももちろん問題ございません_(._.)_

でも魚釣りって難しいことがあるより

簡単なほうがいいですよね( ´∀` )

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

shoregomoku.hatenablog.com