Gomoku-Life

外遊び好きのFISHING✕OUTDOOR LIFE

釣れない時の切り札【ぶっ飛び君75HS】小型シンペンが武器になる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shoregomoku:20200227083828j:plain

 おはこんばんちは☆

蟹取県です☆

 

でた~ぶっ飛び君75HS

※ジャンプライズの回し者ではございません。

ぶっ飛び君95Sを使ってきて数年、様々なドラマがありました。

 

f:id:shoregomoku:20200223133434j:plain

中でもメモリアルフィッシュとなる

座布団88cm。

f:id:shoregomoku:20200223133259j:plain

出会えたのもぶっ飛び君のおかげでした。

ぶっ飛び君を使う理由

私の場合ですが、理由は

  • ただ巻きリフト&フォールで使いやすい(ジグをシャクルのがだるい)
  • ぶっ飛ぶから広範囲探れる(人が攻めた後でも希望が持てる)

他のメーカーにも良いルアーがあるのですが、釣れた時の感覚、キャストからリトーリーブまでの感覚がぶれるのが嫌なので同じものを使い続けたいという思いがあるからこの手のルアーはぶっ飛び君がほとんどです。

シンペンの使用頻度は9割ぶっ飛び君。1割はそっくり君。

ちょっとリスキーなところでは「そっくり君」をぶっこむことにしています。

f:id:shoregomoku:20200225125152j:plain

www.gomoku-life.com

 

即戦力になるぶっ飛び君75HS

ダウンサイジングされて発売されたぶっ飛び君75HS。

  • 荒れていても飛び出さずに巻きで使えてシンキングミノーのようにアピール。
  • 流速のある状況や風日でもレンジキープしてドリフトが可能。
  • 70m~80mラインの飛距離を攻略可能

超低速でのアクションは対応させずに、低速~中速域でのアクションを対応させるということ。

デッドスローは泳がない。

f:id:shoregomoku:20200227124242j:plain

通常アイの使い方

一般的な使い方は通常アイでただ巻き&ドリフト。

ヘッドのアイの使い方

ヘッドのアイで簡単にスライドスキッピングを再現でき、下方向への優しいロッドアクションで水平スライドダートも可能。

 

 75mm16g

この小さなシルエットは絶対武器になるはず。

とにかく簡単で使いやすいに越したことがないと思います。

 ぶっ飛び君95Sと比較

f:id:shoregomoku:20200227083942j:plain


2㎝大きさが違えばかなりコンパクトな印象です。

長さだけではなく太さもスリムになるので正真正銘一口サイズ!

チヌにもいけるかもしれない。

小鯵の群れ、小イワシの群れを想定したリフトフォール釣法を「ヘッドのアイ」で試してみたいものです。

縦の釣りで効果があれば「ぶっ飛び君メソッド」が完成する…かも(笑)

f:id:shoregomoku:20200227084021j:plain

この度、購入したのはリアルカラーのチビ背黒とリアルトウゴロウ。

デイゲームメインの私はリアル系で攻めてみることにしました。

その他鉄板カラーも豊富。

 19年秋に発売予定でしたが微調整の為、翌年2月に発売延期したそうです。

井上社長のこだわりが詰まってそうです(;´・ω・)

早く使いたいけど今の時期渋いかな(;´Д`)

f:id:shoregomoku:20200227083740j:plain

f:id:shoregomoku:20200227083801j:plain